« 2009年5月7日 | トップページ | 2009年5月9日 »

DVD、CDのお値段

つくづく不思議だなあと思うのは、最近のDVDやCDの暴落気味のお値段です。特に、DVDの名作映画の安値には、おったまげてしまいます。ついこの間までのVHSビデオの時代には、映画一本が一万数千円はしていたんですよ! ちなみに手元にある古雑誌を見ますと、トラヴォルタの「サタデー・ナイト・フィーバー」が1万8800円。叩き売りの段階に入っていた「007」シリーズだって1万4800円、レーザーデスクが4950円というバカ高値でした。それが今では古い名作もののDVD一枚が、軒並み500円~1500円という価格。まあ安いのは有り難いですけれど、「第三の男」とか「哀愁」とかいった映画そのものの価値まで暴落したようで、なんとなく悲しい気がするのです。それよりも更に安いのは、ジャスやクラシックの輸入CDボックスものです。例えばマイルス・デヴィスやジョン・コルトレーンの10枚組のボックスが3000円で売られていたりするんですよね。CD一枚がたったの300円ということになります。あれは海賊版なのかなあ、仕組みがよく解かりません。世界的な不況のさなか、秩序や体系がどんどん変わっていくようで、かえって不安な気持ちになってしまう小市民の気持ちですが、みなさんはいかがでしょうか?

  空きビルの窓の灯らぬ青葉寒        大波

| | コメント (0)

« 2009年5月7日 | トップページ | 2009年5月9日 »