« 2009年4月27日 | トップページ | 2009年4月29日 »

4月新ドラマを観る

4月スタートの新番組、だいたい出揃ったようですが、不景気のせいか地球温暖化のせいか、なんだかあまりパッとしない印象です。相変わらず警察関係のドラマが多く、医療ドラマもしくは不治の病気ドラマはやや後退気味。私が面白いなと思った警察ドラマは、まず、内野聖陽が男っぽく検視官を演じる「臨場」、横山秀夫原作ものだけにリアルな感じがします。反対に「BOSS」は天海裕希の「男前」を売るのが目的のフィクショナルな警察ドラマで、強引で無茶な設定なのに、テンポだけはやたらにいい。ふてくされキャラがぴったしの戸田恵梨香が好みです(笑)。ふてくされと言えば、長澤まさみのキャバクラ嬢が兄貴のオダギリジョーに思いっ切りふてくされてみせる「ぼくの妹」、オダジョーのひょうひょうとした味がいいなと思いました。「白い春」は、阿部寛がムショ帰りのヤクザで、遠藤憲一が善良なパン屋さんという日頃の役柄を取替えっこしたようなキャスティングで、先々がなんとなく楽しみです。NHKの日中交流ドラマ「遥かなる絆」、懐かしや、ひさびさの加藤健一が元中国残留孤児だった父親役を陰影濃く演じ、また娘役の鈴木杏も誠実な演技で、なかなか見ごたえがあると思いました。

  初燕疾風に乗りて来たりけり         大波

| | コメント (0)

« 2009年4月27日 | トップページ | 2009年4月29日 »