« 2009年4月24日 | トップページ | 2009年4月26日 »

草彅剛事件(??)

記者会見で蒼ざめ、うなだれる草彅剛くんを見ていると、憐憫の情みたいなものが湧いてきました。社会的なルールを踏み外した行動だったことは否定できないのかも知れませんが、やはりちょっと騒ぎすぎなんじゃないでしょうか? 私は、草彅くんがかつて出演したテレビドラマの「道」シリーズの大ファンです。「ぼくの生きる道」「ぼくと彼女と彼女の生きる道」「ぼくの歩く道」の三つのシリーズがあったわけですが(橋部敦子脚本)、どれも彼のイノセントな面をよく活かし、現代人の苦悩から再生へと歩き出す過程をていねいに追った優れたドラマシリーズだったと思います。草彅くんも全力投球の熱演でした。彼を主演に、またあんなドラマを是非観たいと思っていただけに、今度のことで俳優としての草彅くんが挫折した結果、万一再起できないようなことになれば、たいへんに惜しいことになると思いました。一定の反省の時間を置いた後の、再起を願わずにはおられませんね。

  曇天のつつじの冷でありにけり         大波

| | コメント (1)

« 2009年4月24日 | トップページ | 2009年4月26日 »