« 2009年3月24日 | トップページ | 2009年3月26日 »

イチローの日

数日前、国立の名物喫茶店「ひょうたん島」から、私の詩集「告知」が欲しいというお客さんがいるので届けてくれないかと連絡がありました。有り難いこっちゃ。ようやく「大」の編集が一段落したので、きょう「告知」を5冊ほど用意してJRの谷保駅から大学通りの「ひょうたん島」に向かう途中、道筋の電気屋さんの前にいっぱいの人だかり。はて、なんだろうと覗いたところ、これがWBC決勝戦のテレビ中継だったんですね。ちょうど日韓3対3で延長10回、ランナー1・3塁で、イチローがバッターボックスに入ったところ。その場に、釘付けになってしまいました。イチローがファウル、ファウルでねばりにねばっている間、ほとんど呼吸もできない状態(笑)。そして、あの劇的なヒット!! 電気屋さん前の群集とともに、「ウォーッ」と言葉にならない歓声をあげて、隣でテレビを見ていた女の子にあやうく抱きつきそうになりました(笑)。ああ、よかった、よかった。イチローのコメント、よかったですねえ。打撃不調の苦しみ、痛みを率直に語って、それだけに最後の一発が、ほんとうに嬉しそうでした。国立大学通りの桜はまだチラホラ咲きでしたけれど、満開になったように感じましたよ、ほんと。

  咲き初めし花下古びたるポストかな       大波

| | コメント (0)

« 2009年3月24日 | トップページ | 2009年3月26日 »