« 2009年3月16日 | トップページ | 2009年3月18日 »

ムック「このビデオを見ろ!!」

近所の「ブックセンターいとう」あるいは「ブックオフ」によく行くのですが、古い映画雑誌やマンガ本をよく買います。最近買ったのが「このビデオを見ろ!!」という別冊宝島の20年前のムック、定価は1000円だったようですが買い値は300円でした。20年前の本ですから、DVDではなくてVHSビデオのガイド本なのです。これを読んで驚くのは、劇場公開映画ビデオのバカ高さでしょうね。平均で14800円もするんですよ! そうだったなぁ、おいそれとは手の出ないお値段でしたよねえ。だから、愛用のビデオテープレコーダーでせっせと放送される映画を録画予約しましたっけ(もちろん地上波)。たった20年でそのVHSビデオがことごとく姿を消し、レーザーディスクも秋葉原あたりに行かないとプレイヤーもディスクも買うことはできなくなる時代が来てしまいました。新作DVDは平均で3990円のお手頃価格、名作旧作映画のDVDとなると何と超安値の500円で買える結構な世の中ですが、いったいこれは進歩なのでしょうか? なんだかすこ~~しばかり違うような気がしますね。この20年前のビデオ本を読んでいると、映画一本一本に対する愛情は、今よりず~~っと深かったような気がします。この本の中で「パッチギ」の井筒和幸監督なんか、もう百回以上観たと言って「ゴッドファーザー」への愛を綿綿と語っていますもん。こんなセリフは言いたくないけれど…やっぱり、昔はよかったなあ!

  その穴を出でたる蟻のはや居らず       大波

| | コメント (0)

« 2009年3月16日 | トップページ | 2009年3月18日 »