« 2009年2月16日 | トップページ | 2009年2月18日 »

ゴッドファーザー Ⅱ

衛星放送で「ゴッドファーザー・パートⅡ」を途中から観はじめたら、何度も観ている映画なのに、ついまたまた引き込まれて、最後までおつき合いしてしまいました。やっぱし、すげぇ迫力だなぁ。アル・パチーノの凍りついたような目玉に吸い込まれそうになってしまいます。私は「ゴッドファーザー」三部作の中では、このパートⅡが一番好きなのですが、新旧二世代のマフィアのファミリーの歴史が交互に語られるという凝った構成が、ドンピシャリとキマッているせいでしょうね。ロバート・デ・ニーロが旧世代の若きドン・コルレオーネ役を活き活きと演じていて、文句なく最高。新世代のアル・パチーノも権力者の果てしない孤独を静かに表現し、これまた最高。何度観ても、鼻先でドアをピシャリと閉じられてしまうダイアン・キートンは可哀想で可哀想で、仕方ありません。でも、今の日本でマイケル・コルレオーネのような強い指導力を持った人が現れてくれればなあ、と考えずにはいられませんでした。

  井の頭池の面もさえかへる       大波

  

| | コメント (0)

« 2009年2月16日 | トップページ | 2009年2月18日 »