« 2009年2月13日 | トップページ | 2009年2月15日 »

マイ・ファニー・ヴァレンタイン

レコードを買う前に必要なのがレコード・プレイヤー。もう半世紀も前の学生時代のことですが、当時、ラジオに直接つないでレコードを聴くことができる簡易プレイヤーみたいなものが安く売られていて、私はそれを使っていました。それにかけた最初のLPアルバムが、日本編集のジャズ盤「マイルス・デヴィス傑作集」という一枚で、この中の「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」という曲にノックアウトされて、それ以来ジャスにズッポリはまってしまったという次第です。それから、「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」の入ったレコードやCDは、何世代も何種類も買い換え買い足して聴き続けているわけですが、この曲は確かに二月のヴァレンタイン・デー前後の深夜に静かに聴くのが最もふさわしい気がします。今ではマイルスの他に、フランク・シナトラ、チェット・ベイカー、リー・ワイリーなどが愛聴盤になっていますが、この曲は映画でもよく使われていて、「夜の豹」でキム・ノヴァクが歌ったのが印象的です(吹き替えらしいですが…)。それ以上に最高!だと思ったのは、「恋のゆくえ~ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」という映画のエンドタイトルで、ミシェル・ファイファーが歌った「マイファニー…」で、これは吹き替えなんかでは全くなかったのに、ミシェルがあの映画以外に決して歌わないことがいまだに信じられません。ともあれ、きょうのヴァレンタインデーはチョコを頂くことなんか殆ど期待せずに、「マイ・ファニー…」のメロディーを頭の中で鳴らしながら、ゆっくり俳句吟行を楽しみたいと思っている私です。

  山肌に墓の貼りつく春一番       大波

| | コメント (1)

« 2009年2月13日 | トップページ | 2009年2月15日 »