« 2009年1月20日 | トップページ | 2009年1月22日 »

武蔵と小次郎

CSで放映されていた懐かしい山田太一ドラマ「男たちの旅路」、覚えていますか? 戦後の匂いがぷんぷんする鶴田浩二に、まだ若い水谷豊の相棒は寺脇康文ではなくて桃井かおり。3人が所属するガードマンのチームが当時の世相を映すさまざまな出来事に直面するというマジメなシリーズでしたが、鶴田さんは「古い奴だとお笑いでしょうが…」という歌を地でゆくコチコチ戦後派を演じていました。でも、私のイメージの鶴田さんは、あくまでも、若い頃の甘い美貌にちょいと崩れた不良っぽい二枚目俳優なのでした。だから、宮本武蔵映画の佐々木小次郎役は、鶴田さんがベストの超ハマリ役。武骨な三船敏郎武蔵の敵役として、燦然と輝いていたと思います。考えてもごらんください。中村(萬屋)錦之助の武蔵では、小次郎は高倉健さんなんですよ。ご自分でおっしゃるとおり不器用な方ですから、鶴田さんのしたたるような色気は皆無でしたねえ。健さん好きだけど、あれは重大なミスキャストと断言。もうひとつ断言すれば、大河ドラマ「武蔵MUSASHI」の松岡昌広の小次郎なんて、論外っす! さて、今の映画・テレビ俳優で武蔵と小次郎を演じさせたら、どの組み合わせが一番かな? 阿部寛vs福山雅治、長瀬智也vs小栗旬、松本潤vs城田優、なんていかがでしょうか?

  大寒やボールの弾む音重く        大波

  

| | コメント (0)

« 2009年1月20日 | トップページ | 2009年1月22日 »