« 2009年1月8日 | トップページ | 2009年1月10日 »

「大」をお読みの皆様へ

「大」の会員・購読会員など、何らかの形で「大」を配送している皆様に緊急連絡です。実は、1月10日発行予定の「大」新年・冬号は、正月休みに印刷屋さんにご不幸が重なったことなどから、いつもより1日~数日遅れで届けることになってしまいました。楽しみにお待ちいただいている皆様には深くお詫び申し上げます。

| | コメント (0)

新春能、歯が立たず

何でもあり雑貨屋の私が全くダメなのが能狂言でございますが、それじゃあ雑貨店の名がすたると一念発起、多摩パルテノンでの観世流新春能の公演に行ってまいりました。まず出だしは、お正月とあってお目出度い「高砂」、結婚式などで謡いの好きなおじさんが必ず披露する「高砂や、この浦船に帆を上げて…」というアレです。舞やお芝居がない謡と囃子だけのシンプルな舞台でした。次に、狂言はこれもお目出度い「子の日」、茂山家だけの独占演目だそうで、なんか男女の掛け合いコントみたいな狂言でした。そして、今夜の最大の出し物は源氏物語でおなじみ「葵上」ですが、題名が葵上(あおいのうえ)なのに葵上はまったく舞台に姿を見せず、嫉妬に狂った六条御息所(ろくじょうみやすどころ)の生霊がただ舞台を荒れ狂うという、私には何だかよく分からない能舞台でした。どうもお能という古典芸能は、感情移入もままならず、セリフもよく理解できず、やっぱり私はお手上げ状態でしたねえ。面目ない。帰宅して山田太一のテレビドラマ「ありふれた奇跡」を観たら、今度はよく分かりました(笑)。加瀬亮って、太一ワールドにピッタシだなあ。仲間由紀惠はちょっと美人過ぎますけれどね。

  松とれし舞台に謡ふ高砂や       大波

| | コメント (1)

« 2009年1月8日 | トップページ | 2009年1月10日 »