« 2008年12月27日 | トップページ | 2008年12月29日 »

勝手にベスト10

それにしても、2008年はさっぱり映画を観ませんでしたねえ。映画館でちゃんと鑑賞した映画は、和洋あわせて十本に満たないんではないかしら? それなのに、自分なりの年間ベスト10映画を選ぼうなんて、無茶苦茶でんがな。まあ、レンタルDVDのものも選考対象とする、とゆ~勝手なやりかたではございますが…。まず、10位は綾瀬はるかちゃんが超キュートでしたので、「ハッピーフライト」。9位はテレビドラマよりはずっと面白かった「チーム・バチスタの栄光」。8位は、役所広司と土屋アンナのブッ壊れ方が凄まじかった「パコと魔法の絵本」。7位は主役のキョンキョンよりも、上野樹里と加瀬亮の若手陣が爽やかだった「グーグーだって猫である」。6位は、将軍家定こと堺雅人のギラギラした目の虜になる「クライマーズハイ」。5位は故ヒース・レジャーの悪魔的な怪演から目が離せない「ダークナイト」。4位は、テレビドラマ「風のガーデン」と真っ向勝負の英国風ガーデンが美しかった「西の魔女が死んだ」。3位は、再び綾瀬はるかちゃん(笑)で、盲目の殺陣が美しかった「ICHI」。2位は、堤真一の名演に涙した「容疑者Xの献身」。そして堂々のベスト1は、永作博美ののっぺり笑いに悩殺された「人のセックスを笑うな」でございます。殺人鬼ジョニー・デップの暗い目に引き込まれた「スウィニー・トッド」と、蒼井優ちゃんがふわふわ漂う「百万円と苦虫女」は、ともに選外佳作ということで…。なんだか映画も、気分の弾まない一年だったなあ。

   数へ日の一万二千歩をあるく     大波

| | コメント (0)

« 2008年12月27日 | トップページ | 2008年12月29日 »