« 2008年12月9日 | トップページ | 2008年12月11日 »

主夫多忙の師走

息子が体調を崩し二三日仕事を休ませることにしました。本人は結構元気なのですが念の為病院に行かせたり、お昼に玉子がゆ、晩には味噌煮込みうどんをつくったり、歯医者に行って新しい差し歯を入れてもらったり、時雨れてきたので洗濯物を取り込んだり、合間に「大」新年号の編集作業にかかったり、ちょっと昼寝をして体力回復につとめたり、あ~あ忙しい忙しい。これが師走っちゅうものかも知れませんね。なんだか追い立てられているようです。こんなときに生憎の折も折、35インチのプラズマテレビがまた映像を映さなくなり画面は真っ暗。修理センターに電話してみると、年も押し詰まっているせいか電話がえらく混みあってなかなかつながらず、イライラが募るばかりっす。このイライラがいけないんですよね、ストレスが溜って健康によくないんだ。でも、12月ってこういう状態に陥りやすいんですよ。静かな音楽でも聴いて心身をいたわりましょうと思って、たまたまスイッチを入れたFM放送で流れたラフマニノフのピアノ協奏曲が、心に深く沁み透るような一日でした。

  極月やホットミルクの吹きこぼれ     大波

| | コメント (0)

« 2008年12月9日 | トップページ | 2008年12月11日 »