« 2008年11月28日 | トップページ | 2008年11月30日 »

お天気おねえさん

時雨が上がったら、急にポカポカ陽気になりましたね。話は変わりますけれど、気象予報のおねえさんとおじさんは、雨が降りそうな予報のとき必ず「折り畳み傘をカバンに入れていかれるのがいいでしょう」みたいなことを言いますが、あれってとてもお節介な気がしませんか? 折り畳み傘だろうとビニール傘だろうと蛇の目の破れ傘だろうと、持って行く人間の勝手じゃないでしょうか。 むかし三島由紀夫が、どんなに空が泣き出しそうな時でも傘など決して持たないで出かけるのがダンディズムというものだ、と何かに書いていた記憶があります。やせガマンのサムライの三島さんの言うことですから、そのままに受け取ることもないですけれど、一つの考え方ではあるでしょうね。全体に今のテレビとか新聞とかは、痒いところに手がとどくような、よく言えば親切心、悪く言えばお節介精神がみなぎっているような気がします。あえて言えば、そういう精神がこの国を、なんだかなまぬるい空気の漂う気持ちの悪い場所にしているということはないでしょうかねえ。またまた話は変わるけれど、NHKの夜の天気予報の半井小絵さん(ナカライサエさん…こういう字だっけ?)はクールなようなかわいいような魅力いっぱいで、私大好きです(笑)。半井さんも「雨の時には傘」みたいなことは言いますけれど(笑)、必要以上には親切の押し売りはしていない気がします(贔屓の引き倒しか?…笑)。土日は別な方(この方もかわゆい!!)で、月曜日からまた半井さんのお顔が観られるかと思うと、おじいさんはとても嬉しいよ。

  ぬくき日はひとときのこと暮早し      大波

| | コメント (2)

« 2008年11月28日 | トップページ | 2008年11月30日 »