« 2008年11月23日 | トップページ | 2008年11月25日 »

帰ってきた幾島

大河ドラマ「篤姫」は、いよいよ江戸城無血開城のクライマックスにさしかかってきましたが、松坂慶子の幾島が画面に再登場したのには、天璋院さまと一緒に大喜びしてしまいました。なんたって幾島は男勝りでカッコいい! きょうの西郷吉之助(小澤征悦)との対決シーンも、最後の将軍徳川慶喜の救命をめぐって、双方涙を滲ませながら一歩も退かないというものすごい緊迫感に圧倒されましたね。このドラマは歴史上の人物を演じながらも、どの俳優も絵空事ではなくマジ本気でそれぞれの人生を演じ切っており、幾島の松坂さんはその典型だと思います。松坂慶子さん、1980年代の「道頓堀川」や「蒲田行進曲」「火宅の人」など深作欣二作品での力演がいまだに忘れられません。ただの美人女優に終らないでここまで見事に成熟した演技を見せる松坂さんには、ただただ大きな拍手を送りたいと思いますが、天璋院の宮崎あおいちゃんをはじめ、静寛院の堀北真希、瀧山の稲森いずみ、重野の中嶋朋子など、みんな松坂さんの暖かいオーラの光を浴びて、女優としてもっと成長していくのではないかという予感がありました。今更ですけれど、女優さん中心の大河ドラマって、ほんとにいいですねっ!(笑)。

  冬夕焼にしてはぬくき色なりき        大波

| | コメント (0)

« 2008年11月23日 | トップページ | 2008年11月25日 »