« 2008年11月22日 | トップページ | 2008年11月24日 »

俳句の力学

岸本尚毅さんの最新著作「俳句の力学」を手にしました。この本は「ウエップ俳句通信」という俳誌(?)に連載されていたものをまとめたものということですが、題名の「力学」という言葉がいかにも岸本さんらしいと思います。俳句の論理というものをあれこれ考えてみたいという意識に、コチンと当たってくるような手ごたえがありますね。あとがきに「俳句を貫く俳句の法則のようなものを考察したいと願っての題である」とありますが、「書き上がったものを見ると“雑感”の体である」とも書き添えています。この「考察」と「雑感」の間にわたる幅が、いかにも岸本さんらしいと私は思うのです。十分に知的で論理的な考察なのですが、俳句が好きで好きでしょうがないという岸本さんの“雑感”が、この本を単なる研究論文に終らせなかった所以であると分かります。おかげで俳句をめぐるエッセイを読むように、気楽に一冊を読むことができました。しかし本の中身は、季題、写生、切れ字、時間、感覚、設計思想、言葉、と俳句のすべての本質的な問題に触れており、しかも俳句の引用が豊富で変化に富んでいます。岸本さんの師であった波多野爽波の句の引用はもちろん、中村草田男、水原秋桜子といった俳人の引用が多いのも興味を引きました。また、人間臭くて川柳にも近い永田青嵐について語っているくだりなども、私にはとても面白かったです。俳句について、少々硬派的に思いをめぐらしてみたい方に、強力おすすめです。

  かろがろと猫の横切る冬日かな      大波

| | コメント (0)

« 2008年11月22日 | トップページ | 2008年11月24日 »