« 2008年10月28日 | トップページ | 2008年10月30日 »

勉強になりました

なるほど、大変勉強になりました、通りすがりのお方。確かに私は、興行成績とか視聴率とかは全く知らず(それを調べる時間的な余裕もないのですが…)、ただ自分の好みだけで女優さんの比較をしたのは、間違いだったかも知れませんね。この話はこれで打ち切りにして、今後は安易な比較などはしないようにします。

| | コメント (3)

綾瀬はるかバナシ(つづき)

綾瀬はるかちゃんの話、もう少しつづけます。ご承知のように彼女は、テレビドラマ「世界の中心で愛を叫ぶ」で大ブレークしたわけですが、映画版「セカチュ-」の長澤まさみと比較すると、死に至る病の感じがずっと強くて、はるかちゃんの一本勝ちだと私は思いました。髪の毛を剃ってくりくり坊主にすると、まさみちゃんはかわゆい一休さんみたいだったけど、はるかちゃんはただただ痛々しかったじゃないですか。その後同じ山田孝之を相手役にドラマ「白夜行」に出たわけですが、クールな悪女と言っていいのかな、この作品でのはるかちゃんの印象も強烈でしたね。そうかと思うと、「ホタルノヒカリ」「鹿男あおによし」みたいな天然のボケ役も自然にこなしてしまうし、特にゲージュツ的な映画・ドラマには出演しないけれど、ひょっとすると彼女は役に成りきってしまう天才的な女優なのかも知れないと思います。サイボーグや座頭市までやってしまう女優さんなんて、他にいないでしょ? 蒼井優や宮崎あおいのような芸術系ではなく、娯楽系の代表的女優のはるかちゃん、次は題名からして楽しそうな映画「ハッピー・フライト」の公開が本当に楽しみです。

  九年母の木の下昔語りかな       大波

| | コメント (1)

« 2008年10月28日 | トップページ | 2008年10月30日 »