« 2008年10月27日 | トップページ | 2008年10月29日 »

僕の彼女はサイボーグ

ほんとほんと、山猫軒さん。実は映画「ICHI」を観た帰り、もっと綾瀬はるかちゃんを観たくなったので、「僕の彼女はサイボーグ」のDVDをレンタルしてきたんですよ(笑)。観てビックリ! これは日本SF映画史に名をとどめる傑作だ! とマジに確信しました。何と言っても、はるかちゃんのクールなのに凶暴な個性が、未来から来たサイボーグ(山猫軒さん、ロボットじゃない、と本人も劇中で否定していますからねっ)の役にピッタシ。はるかサイボーグの登場のポーズが、「ターミネーター」のシュワルツェネッガーそっくりだったのには大笑いしました。いつもながらのフツーの好青年役の小出恵介くんとのコンビネーションも抜群で、実に甘美なSF恋愛映画になっているじゃありませんか。フツーの青年が、強烈なキャラの「彼女」に振り回されるという構図は、「猟奇的な彼女」を監督したクヮク・ジェヨンの得意技で、はるかちゃんの好演はクヮク監督の意図どおりだったんじゃないかなあ。若手俳優の活躍は、私もたいへんに嬉しいです。中でも松田翔太くんの最近のブレークぶりは目を見張るほどですが、松田家長男の竜平くんは最近どうしているんだろ?

  虫の夜や歯医者通ひの行き帰り        大波

| | コメント (0)

« 2008年10月27日 | トップページ | 2008年10月29日 »