« 2008年10月25日 | トップページ | 2008年10月27日 »

綾瀬はるか「ICHI」絶賛!

前にも言ったことがあると思いますが、女の人がメチャメチャ強い映画を観るのが大好きなんです。…で、綾瀬はるかちゃんが女座頭市に扮した映画「ICHI」を、封切初日に観てしまいました。いやあ、はるかちゃん、カッコよすぎるぐらいカッコよかったなあ! とにかく仕込み杖の殺陣がビシッとキマっていて、「あずみ」の上戸彩なんか問題外の外。はるかちゃん、運動神経がバツグンなんですねえ。肝心の演技のほうはと言うと、あくまでクールに無表情、セリフも極度に少なく、シャープな美貌を活かして、光と闇の境界が見えない盲目の孤独感を鋭く表現していたのでは? いわゆる離れ瞽女(ゴゼ)の旅芸人という設定で、三味線の腕を披露したのもよかったです。共演の大沢たかおが日頃の二枚目面を棄てて、柔らかく穏やかなコメディ・リリーフを心がけていたのもよかったし、極悪の中村獅童、やくざ二代目の窪塚洋介の映画「ピンポン」コンビは、さすがに監督の曾利文彦によく馴染んでいました。曾利監督のほか、脚本がTV「純情きらり」「ラストフレンズ」の浅野妙子、音楽は「グラディエイター」でゴールデングローブ賞を獲ったリサ・ジェラルドという飛んでもない組み合わせですから、十分楽しめる映画になったと思いますが、あの世の勝新太郎御大、一言ご意見は?(笑)

  末枯の野や白杖の音過ぎて       大波

| | コメント (1)

« 2008年10月25日 | トップページ | 2008年10月27日 »