« 2008年10月9日 | トップページ | 2008年10月11日 »

「大」秋号 完成!

きょう午後、印刷屋さんに「大」08年秋号を引き取りにいきました。今回は連休が多かったことなどから、約一日ずつ作業がズレこんで、発送があす10日になってしまいました。会員ならびにご講読のみなさんのお手元に「大」が届くのも、例月より一日遅れということになります。まことに申し訳ございません。さっきまで「大」の袋詰め作業をしていたので、腰が痛いですなあ。ところで、さっき、作業をしながら深夜テレビを見ていたら、俳優の永井大が出ていて、彼の名前の「大」は、「マサル」と読むんだと話していました。ええっ、オレの本名も「マサル」だぜえ! 字は「勝」だけど…。でも、みんなどこかでつながっているような気がしてきましたね。テレビと言えば、緒方拳の遺作となったドラマ「風のガーデン」が今夜から始まりました。痩せ細った緒方拳を観るのは、やっぱり辛いものがありましたねえ。ドラマの主人公(中井貴一)がガンに冒された麻酔医という設定に、なんということだ!…という驚きがいっぱいでした。脚本の倉本聡の死生観がどう表現されるか、今期はこのドラマに最も深い関心を寄せないわけにはいきません。

  流木と見まがふ鯉や水の秋      大波

| | コメント (0)

« 2008年10月9日 | トップページ | 2008年10月11日 »