« 2008年9月19日 | トップページ | 2008年9月21日 »

明治神宮の彼岸花

きょうは定例句会の日なので、編集作業は中断して、雨の中を原宿まで出かけました。手持ちの俳句がほとんどないので(つくった句は、ほとんどこの雑貨店に展示してしまっているんです…涙)、句会に間に合わせようと明治神宮へ作句に突撃。台風が来るっちゅうのに外人観光客さんで賑やかな境内をうろつきまわりました。外人さんたちは、例の菰冠りの奉納酒樽を三段に重ねて並べているところで、ワーワーキャーキャーはしゃぎながら写真をとりまくっていましたが、微笑ましいけれども全然俳句にはならないっすね。そこで本殿の裏手にある宝物殿前の草原に行ってみました。ここは昔、俳句を始めたばかりの頃連れていってもらい、野外句会を初体験した場所なんです。おお、やっと「俳句」を見つけたぜ! 池のほとりに白い曼珠沙華があちらに二輪、こちらに三輪と咲きはじめていて、雨で濁った池の風景のなか、ことに鮮やかに見えました。そこでゆっくり昼食のサンドイッチを食べながら神宮の秋を満喫したのですが、やっぱり泥縄式の句づくりはいけませんね。これぞという俳句はできませんでした。

どうやら雨台風のようですね。風はそんなに強くなく、窓の外は静かです。

  白曼珠沙華や濁れる池の岸      大波

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月19日 | トップページ | 2008年9月21日 »