« 2008年9月12日 | トップページ | 2008年9月14日 »

刺客請負人

夏のドラマで、一本忘れていました。テレ朝名物の金曜時代劇は、これまでも「逃亡者(のがれもの)おりん」などのワクワクちゃんばら劇を放映しておりましたが、この夏は「刺客請負人」がなかなか面白うござりました。主演は村上弘明、長屋住まいの浪人暮らしで裏家業が刺客請負業という時代劇にはありがちな設定ですが、悪役の闇法師が米倉斎加年というのがド肝を抜かれるじゃありませんか。あの「ちりとてちん」で実直に若狭塗りの箸をつくっていたおじいちゃんが、闇の一族の統領だっていうんだから、こりゃすげえや! もっとも米倉さんじゃあ、どう凄んでみせても悪い人には見えませんでしたけれど、最終回にはキチンと村上浪人にやっつけられておりました。このドラマでめちゃくちゃにカッコよかったのが若村麻由美の闇猫のお吉。立ち回りもきれいにこなして超魅力的でしたが、若村さんて「篤姫」では皇女和宮の実母観行院を演じて「江戸者は野蛮であらしゃいます」とか言っているのですから、芸域が広いなあ!

この前、アクセス数が2~3日中に十万件に達するみこみと書いてしまいましたが、あれは私の計算違い。あと8日ぐらいかかりそうですので、お詫びして訂正。

  釣堀の水面に秋の日の溶けて     大波

| | コメント (1)

« 2008年9月12日 | トップページ | 2008年9月14日 »