« 2008年8月30日 | トップページ | 2008年9月1日 »

思い出のメロディ

今夜も多摩・八王子はざんざ降り。でもハタタ神は今夜は降臨あそばさず、ただ雨音だけが窓を叩いておりました。そんな中で恒例のテレビ「思い出のメロディ」を観ました。番組の中で、第一回の「思い出のメロディ」をちょっと見せてくれましたが、元気に歌っていた藤山一郎は今はなく、美空ひばりなく、村田英雄なく、歌の思い出も遥かに遠くなってしまった感じでしたね。この番組はある意味で残酷ショーのようで、老いてもう声が出なくなってしまった歌手の姿を今見るのは結構辛いものです。岡本敦郎は仕方ないとしても、「僕は泣いちっち」の守屋浩は、ちょっと辛かったですね。山下敬二郎、平尾昌章、ミッキー・カーティスらおじいさんたちの元気そうなロックは、まあまあだったかな。でも、島倉千代子や二葉百合子らおばあさんたちのほうが、やっぱりパワフルでしたね。私が気に入ったのは、「篤姫」のお守役を去ってマジに司会などをやっていた幾島、松坂慶子の「愛の水中花」でしたが、やっぱり網タイツはもう無理だったかなあ(笑)。

     思ひ出の歌の途切れて秋驟雨       大波

| | コメント (0)

« 2008年8月30日 | トップページ | 2008年9月1日 »