« 2008年8月2日 | トップページ | 2008年8月4日 »

阿久悠トリビュート

きのうの夜でしたっけ、スペシャルTVドラマ「阿久悠物語」というのを放送していて、田辺誠一が阿久悠を、内田朝陽が都倉俊一を演じていましたが、二人ともご本人たちより端正すぎて、あまりリアルじゃなかったなぁ。それはともかく、私はけっこう作詞家阿久悠のファンでしたので、「歌鬼(ガキ)阿久悠トリビュート」と題するCDを買っちゃいました。さまざまな歌い手たちが阿久悠作詞曲をカヴァーしていて、なかなか興味深いアルバムなのであります。まず面白かったのが一青窈の歌う「白い蝶のサンバ」。森山加代子のオリジナルよりテンポがいい感じでした。岩崎宏美の「思秋期」を森山直太朗がまっすぐに歌っていて、これは拾い物。小林旭の「熱き心に」は元ちとせが歌っていますが、なんだか北国の歌ではなくて宮古島の民謡に聞こえてしまうのでした(笑)。沢田研二の「時の過ぎゆくままに」を歌う工藤静香は、まだまだ人生経験が足りないのでは?? 本命は、山崎ハコの「ざんげの値打ちもない」。予想通り、ぴったりのハコ節になっていましたが、ちょっとハマリ過ぎだったかも…。私が考えた阿久悠のカヴァーソング。ジェロと青山テルマで「居酒屋」、パヒュームで「UFO」、宇多田ヒカルで「京都から博多まで」、なんてどうでしょうかねえ?

  寂しさは踊櫓に灯がともり        大波

| | コメント (1)

« 2008年8月2日 | トップページ | 2008年8月4日 »