« 2008年7月31日 | トップページ | 2008年8月2日 »

宮崎駿 対 押井守

どうやらこの夏休みのアニメ映画は、宮崎駿「崖の上のポニョ」と押井守「スカイ・クロラ」の一騎打ちになりそうですが、たぶん興行収入では、「ポニョ」の圧勝ということになるのではないでしょうか。だって、テレビでもCD店でも、「ポニョ」の主題歌攻勢は凄まじいじゃないですか。小学生のほとんどが「ぽーにょぽにょぽにょ さかなの子」と歌えるんですって。私もあの「ぽーにょぽにょぽにょ」にいったん脳ミソを支配されると、一日中頭の中で「ぽーにょぽにょぽにょ」と鳴り響く始末なんですよ。でも、私は「スカイ・クロラ」を観にいくことはあっても、「ポニョ」は観にいかないでしょうね。前にも書いたことがありますが、私はどうも宮崎駿アニメの哲学臭みたいなものが苦手なんです。「もののけ姫」以降はっきり苦手意識を持つようになりまして、「千と千尋」や「ハウル」はどうしても観に行く気が起きませんでした。「ポニョ」はかわいいキャラのようですが、テレビなどでお見かけする宮崎御大のカリスマっぽい威風堂々のお姿を思い浮かべると、やっぱり萎えてしまいますねえ。発育不全のいじめられっ子みたいな押井さんのほうが安心できるような気がするのですから、私って、人間の好みがちょっとヘンタイなのでしょうかしらん(笑)。おや、もう八月になってしまったわい。

  ひぐらしや夕べの風の募りくる       大波

  

| | コメント (0)

« 2008年7月31日 | トップページ | 2008年8月2日 »