« 炎暑の吟行 | トップページ | ナマ「運命」を聴く »

「篤姫」絶好調!

視聴率競争で強敵キムタクの「CHANGE」をあっさり追い抜いた大河ドラマ「篤姫」、今回は20~30代の女性ファンが多いのだと聞きました。なるほど、じっくり観ると、今これほど面白いドラマは他にないですね。特に、ここ数週間の夫である将軍徳川家定との死別シーンの数々は、家定を演じた堺雅人のかげろうのような果敢なさと宮崎あおいの篤姫に成りきった涙の名演で、テレビの前から一時も離れられない有様でした。二人とも若いのにすげえなぁ! 忘れていけないのは、篤姫の傍を影のようにつき従う松坂慶子の幾島でしょう。彼女が30代に入ったころの「蒲田行進曲」とか「道頓堀川」などの映画からずっと見つづけてきましたが、こんなに存在感のある脇役を演じられるようになるとは!…「篤姫」のガイド本を読むと、この幾島もまた、やがては篤姫の前から去ることになりそうで、わわ、それも哀しいなぁ。天璋院になったあおいちゃんが、またまた目にいっぱい涙を溜める場面になるのかと、今から胸がキュ~ンと痛んでしまいます。その後は、稲森いずみの大奥筆頭年寄役の滝山が活躍することになりそうですが、宮尾登美子さんの原作をベースにしながらも、田淵久美子さんの脚本のツボをはずさないドラマつくりはうまいのなんの、滝山もきっとまた凜とした見せ場をつくってくれるでしょう。そう、「篤姫」の魅力は、女性たちがみな男性社会のなかで凜と前向きに生きていることなんでしょうね。篤姫幼少のころの養育係菊本(佐々木すみ江)の「女の道は一本道でございます。引き返すのは恥でございます」という言葉が、今も大きなテーマになっていると思います。

  向日葵のやや俯きて凜として     大波

|

« 炎暑の吟行 | トップページ | ナマ「運命」を聴く »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

月曜が休みなので、普段見られなかった「あんどーなつ」を見ました。大住喜八郎老人が出て来ないので漫画とはちょっと違う筋立てですが、実はなっちゃんは、今日出て来た一橋家の家元と、この大住喜八郎という五八様(おとくいさま)の老人が、若い頃恋愛して別れたときの忘れ形見の娘の子どもだったというのが漫画の筋で、あの家元の実の孫なんですね、なっちゃんは。漫画では二人で温泉旅行をいましている最中なので、TVでそのシーンが見られるか、わくわく(馬鹿)。
でも、とてもよく出来ていました。
竹蔵の作った線香花火の菓子も美味しそう。漫画では表紙に毎回季節の和菓子の話が出て来て、これを見るのも楽しみの一つで、わたくしは切り抜いて取ってあるほどです。テリー山本の漫画は余り好きなほうではないのですが、原作の西ゆうじがとても丁寧な取材をしていて、漫画を単行本で揃えるかどうか、いま迷っています。
この和菓子の話、俳句をむずむずと捻りたくなるほど美味しいんです♪

投稿: 猫髭 | 2008年7月21日 (月) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 炎暑の吟行 | トップページ | ナマ「運命」を聴く »