« 2008年7月28日 | トップページ | 2008年7月31日 »

人のセックスを笑うな

マシンの不調のおかげで、二泊三日で返す予定のDVDが四泊五日もかかってしまい、630円も延長料金を取られてしまいました。これじゃあ、シニア料金で映画館に入ったほうが、よっぽど安上がりだっつ~~の。そのDVDが「人のセックスを笑うな」でした。私は山崎ナオコーラの原作を読んでいないので、なぜこんなタイトルになったのか知りません。別にセックスの場面を覗き見て笑っている人も映画に出てこなかったしねえ(笑)。相変わらず、永作博美の我が道を行くぶっ飛び演技は驚異的でした。ニットのワンピースを、あんなに躊躇いも恥じらいもなくスルリと脱いでしまう女性は見たことがありません(当たり前か…笑)。イヤらしいような、かわいいような彼女を観ているだけで最後まで引きずられてしまう映画でした。共演の松山ケンイチ、蒼井優もそれぞれ非常に面白いリアリズム演技を見せてくれましたが、映画館のモギリのバイトをしている蒼井優がチケット売場にアゴを乗せて居眠りしていた可愛らしさは忘れられません。この映画は結構ヒットしたと聞きますが、どうしてなのかなあ? 案外暗~~い映画なのになあ。

  ベランダに降りこむ真夜の雨涼し     大波

| | コメント (0)

« 2008年7月28日 | トップページ | 2008年7月31日 »