« 2008年7月18日 | トップページ | 2008年7月20日 »

ハナシがちがう!

きょうは「大」の定例句会の日。渋谷勤労福祉会館が内装工事のため、原宿の神宮前区民会館に会場を移してみなさまをお待ちしたのですが、お盆休みを引きずっているためか、この猛烈な暑さを避けるためか、ほとんどの方はお見えになりませんでした。おかげさまで、ひさしぶりにさる佳人とマン・ツー・マンの充実した俳句の時間を持つことができたのですが、やっぱり会場費がもったいないっすよねえ(笑)。来月(8月15日)はもっと大勢いいらっしゃるのをお待ちしていますよお~。参加の意志のある方は、私めにぜひご連絡ください。

朝ドラ「ちりとてちん」ですっかり上方落語づいてしまった方に、またとない参考書をお教えします。田中啓文という作家さんの書いた落語ミステリー「ハナシがちがう!~笑酔亭梅寿謎解噺」(集英社文庫)という本です。金髪トサカ頭の非行少年が、なぜか上方古典落語の魅力に取りつかれ、アル中気味の落語家笑酔亭梅寿に弟子入りして修業しているうちに、つぎつぎに怪事件に出くわしてはその謎を解くという面白本です。どの事件も、「たちきり線香」とか「らくだ」「時うどん」「子は鎹」「千両みかん」などの古典落語を下敷きにしたミステリーになっており、また落語家たちの生態も「ちりとて」並みにいきいきとテンポよく描写されています。さらに演題ごとに月亭八天の解説つき、あとがきに桂文珍師の総解説がつくというぜいたくな造りでおまんねん。お奨めでっせ!

  参道をカート曳きゆく油照        大波

| | コメント (0)

« 2008年7月18日 | トップページ | 2008年7月20日 »