« 2008年7月5日 | トップページ | 2008年7月7日 »

指揮者は必要か?

きのう書かせていただいた池田澄子さんの評論集「休むに似たり」についての感想文に、な、なんと、池田さんご本人からコメントが!! わ~~い、嬉しゅうございます。こんなことがあるから、こんなしがない雑貨店稼業もやめらんないんだよねえ(笑)。

きょうは毎度おなじみJCO=ジャパン・チェンバー・オーケストラの演奏を聴きに、多摩パルテノンに行ってきました。私はJCOのパルテノン公演は一度も欠かさず聴いているのですが、それは指揮者がいないのに性能のいい小型車みたいにキビキビ生き生きと音楽を奏でるこのオケが大好きだからです。でも、指揮者がいないのに、なぜ誰一人出だしで遅れたり反対にフライングしたりしないのか、クラシック音楽には素人同然の私には毎回不思議でしようがありません。ひょっとすると指揮者って、練習をきっちり積みさえすれば、公演当日はお飾りみたいなもんで実はいてもいなくても同じなのかな? カラヤンとかチェリビダッケとかの偉そうな指揮者も、ほんとはお金のかかるお飾りに過ぎなかったのかなあ? JCO演じるメンデルスゾーンの「スコットランド」をじっくり味わいながら、いつもながらのラチもない疑問に身をゆだねるひとときでありました。

  演奏会果てて西日を帰りゆく       大波

| | コメント (0)

« 2008年7月5日 | トップページ | 2008年7月7日 »