« 2008年7月4日 | トップページ | 2008年7月6日 »

池田澄子評論集

池田澄子さんの初の評論集(ふらんす堂)には、「休むに似たり」という表題がついています。な~るほど、俳句って「下手な考え」であったのか。でも、それだからこそ、虚子は「戦争は俳句に何の影響も及ぼしませんでした」とぬけぬけと答え得たのではないでしょうか。池田さんによれば、この虚子の言葉は「消極的に見えて実は完璧な非・非常時行為とは言えなくない凄いこと」なのです。休むに似たり、は貴重な俳句の本質なのだと私も深く悟りました。およそ俳句を志した限りは、「下手な考え」のなかでジタバタしながら何事かを詠み遺していこう、そういう気にさせるいい評論集だと思います。特に冒頭の師三橋敏夫を追悼する文章の数々は、池田さんの純粋な哀しみと師への敬意の気持ちがこもっていて、私は強く惹かれました。西東三鬼や渡辺白泉、そして三橋敏夫とつづく新興俳句への賛否を越えて、俳句を愛する人に広く読まれていい一冊だと思います。まだ本屋さんには出回っていないかもしれませんが、店頭で見かけたらぜひ手に取ってみることをお奨めします。何しろ表紙のデザインが、俳句の本とは決して思えないほどカッコいいですからねっ!

  草取のママの大きなソンブレロ       大波

| | コメント (1)

« 2008年7月4日 | トップページ | 2008年7月6日 »