« 2008年6月30日 | トップページ | 2008年7月2日 »

この夏観たくない映画

…つーより、観る必要を感じない映画、つー方が正確かな。まずは、「花より男子ファイナル」ガキのお遊びにはつきあっちゃあいられねえよ。「ゲゲゲの鬼太郎、千年呪い歌」緒方拳のぬらりひょんに興味はあるけれど、まあ、パスですね。「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」スピルバーグのお道楽にも飽き飽きしています。ハリソンじいさまのアクションもキレが鈍っているに違いないし…。「崖の上のポニョ」宮崎駿とは「もののけ姫」以来どうも相性がよくないのです。彼の民俗学的趣味や自然観に、何故か共感できないのでして…。「セックス・アンド・ザ・シティ」TVドラマの映画化って、和洋を問わず大キライなんです。「奇跡のシンフォニー」宣伝文句で「泣いてください」と言われただけで戦意喪失、絶対に観るもんか、と思ってしまった私です。「私は貝になりたい」過去の名作のリメイクはほんとにもうやめてくれえ~。反対にここで、ちょっとは観たいと思った映画を挙げますと、「百万円と苦虫女」タナダユキ監督に蒼井優主演という組み合わせが魅力的。「蛇にピアス」は主演の吉高由里子を「転々」で大好きになってしまったので…。「ICHI」綾瀬はるか演じるお市の居合い斬りって、観たくありません? 「グーグーだって猫である」小泉キョン2が天才漫画家大島弓子の役を演じるらしいっすね。これは、是が非でも観たいっす。え~と、ちょっとばかし、女優さんに偏りすぎたかしら(笑)。

  神猿のまなこ窪みて梅雨深し      大波

| | コメント (0)

« 2008年6月30日 | トップページ | 2008年7月2日 »