« 2008年6月22日 | トップページ | 2008年6月24日 »

堺雅人という役者

今、大河ドラマ「篤姫」を観ていて、例えば鬼の姑・本寿院を演じている高畑淳子とか興味のある役者はいろいろいるのですが、最も面白いと思うのが、将軍家定を演じている堺雅人なんです。将軍職という自らの無力な存在にニヒルになって阿呆のふりをして生きた人、それがあまりにピッタシで、同じ大河「新撰組!」で悲劇の知性人・山南敬助を演じたあの堺雅人と同一役者とは思えないほどの熱演だと思いますが、いかが? その堺くんが、日航ジャンボ機墜落取材をテーマにした映画「クライマーズ・ハイ」に出演するそうです。「クライマーズ・ハイ」は佐藤浩市主演でテレビドラマ化されて、近年のドラマでは一、二を争う秀作だったと思うので、その映画化は何より楽しみ。堺くんの役は、たぶん、墜落現場に駆けつけて取材に走り回る記者だと思いますが、恐らく彼のことだからゴリゴリの社会部記者になり切ってしまうでしょう。私は自分が元記者だったせいで、映画やドラマの記者モノというと、身を乗り出して鑑賞してしまうのですが、細身で眼光鋭い堺くんは、きっと若いころの私に生き写し(笑)だろうと信じています。苗字もサカイとサカイノで一字違いだしね、堺くんは、私がファンになれそうな数少ない男の(笑)役者です。

  荒梅雨のレールの上を撥ね躍る     大波

| | コメント (1)

« 2008年6月22日 | トップページ | 2008年6月24日 »