« 2008年6月19日 | トップページ | 2008年6月21日 »

「ラストフレンズ」最終回

今期のテレビドラマで欠かさずに観ていたのが、結局「おせん」と「ラストフレンズ」の二本だけでした。このうち「ラスト…」は最終回を迎えましたが、番組の終わりに「来週はアンコール特別編をお送りします」と出ていたので、本当に終わったのかどうかよく分かりません。でもオハナシ的には、もうこれ以上どうしようもないので、やっぱり終わったんでしょうね。すべてのオハナシがきちんと片付かない印象の、何となく残念な終わり方だったですけれど…。第一に、問題のDV男ソースケ(錦戸亮)を自殺で強引に片付けてしまったのが、私には大いに不満です。問題をぎりぎりまで追及することを「自殺」で軽く逸らしてしまった感じに見えるのは、私だけの偏見? 全体を通して性差の障害に悩む上野樹里が大健闘。「のだめカンタービレ」のコメディエンヌぶりを完全に吹っ切った熱演でした。長澤まさみも最終回で妊娠から出産という思い切った姿を見せて、アイドル返上としたかったのでしょうが、さあ、それは成功したのかな? 瑛太は彼独特の陰影を生かした好演。水川あさみもサッパリした儲け役と、あれ? よく考えてみると「のだめ」出演組が良い得点で終わったドラマなのでした。それにしても、最終回の途中で起こったバイクの事故には、どんな意味があったのでしょうか、私には全く分かりませんでした。まさか、あの事故で樹里の命も危うくなる筈だったのが、途中で脚本家の気が変わったのじゃないでしょうねっ。

  終幕の大逆転も夏芝居        大波

| | コメント (0)

« 2008年6月19日 | トップページ | 2008年6月21日 »