« 2008年6月2日 | トップページ | 2008年6月4日 »

冨士真奈美さんの俳句

トシなんでしょうねえ。一泊吟行から帰った翌日は、例によって身も心も疲労の泥に埋もれたまま回復せず、ぼーっと一日を無為に過ごしてしまうのです。本日も、そんな状態です。情ねえ~~( + _ + )~~。実は、近江八幡に出かける前夜、女優の冨士真奈美さんの初句集の出版記念会があり、そこで会いたかった人や会いたくなかった人(笑)など大勢の方とおしゃべりした分の疲労も加わっているようなんですね。自慢話みたいで気が引けますが、実は私は冨士さんの句友の末席に連なる一人で、句会では結構冨士さんの句を採ったり、採っていただいたりしているのです、うふふ。冨士さんは俳句を三十年も詠みつづけておられるそうですが、なんとなく人間的な匂いのする俳句が多く、正直言って私はかなり好きですね。「ゲームオーバー女優の恋は揚花火」なんて句は、女優である冨士さん以外の誰にも詠めないでしょ? 「美しき今日子の瞑り年の果」は、彼女の親友岸田今日子さんを悼む句、これも冨士さんならではだと思います。女優としての冨士真奈美さん、最近では経済ドラマ「ハゲタカ」などの演技がなかなかよかったと私は思いますし、これからも女優・俳人の両面で頑張ってほしいです。

  湖国より帰りてのちの梅雨入かな     大波

| | コメント (0)

« 2008年6月2日 | トップページ | 2008年6月4日 »