« サザン休業について | トップページ | 悉く全集にあり »

あなたの俳句は…

正確な書名はちょっと違うのかもしれませんが、本屋さんの店先で「あなたの俳句はなぜ佳作どまりなのか」という本を見かけ、ややたじろぎました。なんだか怖くて手にとってみることもしなかったので、どんな内容なのか全く分かりません。きっと俳句上達に役に立つノウハウがいっぱい書いてあるのだろうと思います。でも、でも、佳作でどうしていけないのでしょうかねえ?ちなみに、広辞苑で「佳作」を引いてみると、①できばえのよい作品。②入選に次ぐすぐれた作品。などとなっています。でも「佳作どまり」という言い方は、作品の出来がいいということではなくて、昔の「天地人」の「人」位に当たる最低ランクだということを意味しているらしいのです。結社の主宰や代表が授けて下さる「天」位「地」位、あるいは「入選」「特選」を有難い宝物のように思う俳句ランク主義、実は私はあんまり好きじゃないのですよね。絶対的基準のあり得ない主宰一個人のランク付けよりも、句会に集まった多くの仲間の互選のほうを信じたいという気持ちが強いのです。勿論これは、虚子のような凄まじい眼力の持ち主を指導者に仰いだ場合を除いてのハナシですよ。昨夜も句会があったのですが、きわめて民主的な互選句会でしたので、とっても楽しかったのです。ただ、席題が季語ではなくて「妻」という一文字でしたので、私は四苦八苦してしまいました。亡くなった妻の思い出俳句は作りすぎるほど作って、もう出し殻状態でしたし…。でも互選の結果、次の私の「妻」句が最高点を取りました。有難いことです。

  くちなはの妻の脱ぎたる衣かな       大波(くちなは=蛇)

|

« サザン休業について | トップページ | 悉く全集にあり »

俳句」カテゴリの記事

コメント

その恐ろしい題名の本、買って来て読みました。立ち読みしたら、わたくしの知ってる名前がぞろぞろ出て来たので買いました。タイトルは最悪だし、ホトトギスへの胡麻摺りが不気味ですが、それを我慢すれば、「童子」の元メンバーの昔の句が一杯載っていて、傾聴に値する話も多く、面白かった。もっとも、自分の本箱に並べると他の本が穢れるタイトルなので、読んだら叩き売る本ですから、今度差し上げます。

選句では、大波さんに採られれば本望、M吉に採られたら絶望と、天国と地獄がありますなあ(笑)。今月は大波作を特選に採ったので満足。大波さんの特選はまんず期待出来ないので、忘れたころ選にひかっかるだけで満足です。

くちなわの句、いいですね。白蛇伝のよう♪

投稿: 猫髭 | 2008年5月23日 (金) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サザン休業について | トップページ | 悉く全集にあり »