« 2008年5月10日 (土) | トップページ | 2008年5月12日 (月) »

雨の蘆花恒春園

きょうは待ちに待った「大」五月の吟行日、果たして朝からシトシトと雨が降りつづき、集まったみなさんは「また雨なのね。いったい誰のせいかしら」とそれぞれ冷ややかな視線を私に注ぐのでした。どうせ、心がけの悪いわっちのせいでやんすよ~だ。ほんとに不思議でなりませぬ。なぜ「大」の吟行というと、きのうまで夏のようなバカ陽気だったのが、一変して若葉冷、若葉寒、若葉雨しとしとの天気になってしまうのか。きょうは世田谷にある徳富蘆花の恒春園を吟行して、蘆花夫人愛子さんの家で句会をしたのですが、サービスセンターのやさしいご婦人が気の毒がって、ホットカーペットを敷いてくれたんですよ。あれがなかったら、震え上がって句会どころじゃなかったかもね。ところで、わっちは本日句帖も筆記用具も全部忘れてくるという俳人の風上にも置けぬスチャラカぶりで、われながら愛想がついたでやんす。こんなスチャラカ俳人に辛抱強くつきあってくれて、みんなありがとうよ、来月こそ快晴のいい天気にしてみせるからな。…って、来月は梅雨に入るかもしれねえなあ(暗然)。

  これがかの糞ころがしか若葉寒      大波

| | コメント (0)

« 2008年5月10日 (土) | トップページ | 2008年5月12日 (月) »