« それぞれの「ちりとてちん」 | トップページ | 府中ははや初夏の風 »

「俳句の苑」へもどうぞ!

私は日頃、「よそのブログなんか見ない!」とかゴーマンなことを言ってヒンシュクを買っていますが、なあに、ただの年寄りの面倒臭がりだけなんですよ(スマン、スマン)。本日、知り合いの俳人の松野苑子さんからお手紙をいただきまして、彼女のブログ「俳句の苑」で拙句をとりあげておられるとのこと。そりゃあ、有難いこっちゃと、早速「俳句の苑」へ行ってみました。わあっ、私のバカ殿様蛙と違って写真も美しい、女性俳人らしいたたずまいのブログだなぁ!あったあった、4月23日付けの「小山」というタイトルの記事で、私の「ふるさとの小山のような春炬燵」をご紹介くださっていました。多謝、多謝。この句にいくつかコメントが寄せられていて、「作者は優しい心を持った人だと思います」なんて書かれて、て、照れちゃいますなあ( ^ \ ^ ;)。もっとすごい人がいて、当俳諧雑貨店で毎日詠み捨てている俳句の中から13句も選んで紹介してくださっています。そう、あなたです、shinさん、ありがとう~~っ!! みなさんも雑貨店で冷やかしばかりしてないで、たまには「俳句の苑」へ行ってみてくださいな。Yahoo!の検索で、一発で出てきますから、さささ、行ってらっしゃ~~~い。

  春落暉路上の唄のややさみし      大波

|

« それぞれの「ちりとてちん」 | トップページ | 府中ははや初夏の風 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それぞれの「ちりとてちん」 | トップページ | 府中ははや初夏の風 »