« 2008年4月17日 (木) | トップページ | 2008年4月19日 (土) »

「ラスト・フレンズ」に注目

山猫軒さんの「純喫茶って何?」という質問にお答えしたいけど、私にもよく分かりません。純情喫茶? 純潔喫茶? 純朴喫茶? 純毛喫茶?(…って、気味わるい) 純米喫茶?(…まさか) 分かった、きっと、純益喫茶じゃないかな。

テレビドラマは一括して批評しようと思っていましたが、二回目を迎えたフジ「ラスト・フレンズ」が結構面白いので、まずこれに触れてみたいのです。このドラマ、冒頭いきなりアイドル長澤まさみの妊婦姿でスタート、ド肝を抜かれました。しかも、彼女が誰の子を身ごもっているのか、誰かが死ぬアクシデントがあったらしいのですがそれは誰なのか、一切謎のままドラマは回想に入っていくという構成が凝っていますね。登場人物では、女性しか愛せないらしい女性を上野樹里が演じ、「のだめ」のコメディ味をかなぐり捨てたボーイッシュ演技が、とても新鮮です。でも最高にドラマを盛り上げているのは、長澤まさみと同棲しているDV男の錦戸亮。死んだような不気味な目つきで、時折不意に凶暴性を発揮するのが実にサスペンスフルです。へえ~、あのジャニーズ育ちの優男がねえ~、と感心してしまいました。他では日テレ「ホカベン」(ホカホカ新米弁護士の意味らしい)、上戸彩の生真面目ですぐにムキになる個性を生かして、これも結構よさげなスタートでした。

  春陰の男言葉の塾通ひ        大波

| | コメント (1)

« 2008年4月17日 (木) | トップページ | 2008年4月19日 (土) »