« 2008年4月10日 (木) | トップページ | 2008年4月12日 (土) »

マイトガイ旭の歌

中古レコード屋さんで「北へ・昔の名前で出ています/小林旭ベスト20」というLPレコードを見つけ、ジャケットの旭の写真があまりにカッコよかったので、衝動買いをしました。旭のCDならば前から持っていて時たま聴くんですよ。でも、LPで聴く旭の歌は印象一変。「惜別の歌」とか「北帰行」「ギターを持った渡り鳥」とかの旅の歌は、ひときわ遥かな感じで響きます。また、「女房きどり」とか「純子」「和子」「昔の名前で出ています」とかの古い女性像を歌い上げたものは、ますます哀切な調子で胸に迫りました。裕次郎もそうですけど、この時代の歌はLPレコードで聴いたほうが血が通うんですよ! 実は最近LPのプレイヤーをちょっと高めのものに買い替えまして、カートリッジもグレードアップしたところが、みなさん覚えていらっしゃいますかね、昔のクラリネットの名手鈴木章治とリズムエースの「鈴懸の径」が驚くほど冴え冴えと響くようになりました。演奏の音がこんなに良くなったのだから、ボーカルのほうもさぞやと思い、いろいろな歌手のLPを聴いてみたのですが、高音を張った小林旭の歌が結局一番向上したということなんです。先日もBS映画で「渡り鳥シリーズ」のアキラを観たのですが、やっぱりいいっすねえ! 悪党どもの待ち構えるキャバレーの階段を、なんの意味もなくギターを爪弾き歌いながら降りて来る滝譲次!…シビレっちゃいますぜ、ほんとに(笑)。小林旭と美空ひばりと私は同年齢。身体をいたわって長生きしてくれよな、マイトガイ。

  春雨や地下の暗みにジャズを聴き      大波

| | コメント (1)

« 2008年4月10日 (木) | トップページ | 2008年4月12日 (土) »