« 「ちりとてちん」最終回 | トップページ | 四月の思い出 »

春の新ドラマ展望

4月からのテレビドラマは、例年各局が最も力を入れていますが、果たして1~3月の低迷を跳ね返すことができますかどうか。最も興味を引かれるのは、TBS「猟奇的な彼女」ですが、これは私の大好きな韓流映画のリメイクで、もし失敗したら目も当てられないでしょうね。あの超かわいらしくて猟奇的なチョン・ジヒョンの魅力に、田中麗奈がどれだけ迫れるか、まことに興味しんしんでございます。次に期待しているのは、蒼井優の初主演ドラマ、日テレ「おせん」。優ちゃんが、なんと下町の料亭女将を演じるそうで、う~~ん、大丈夫かな? そして最低の政治状況が続いている今、ついにキムタクが政治ドラマに出演するというフジ月9「CHANGE」、まさか「HERO」の久利生公平みたいな国会議員になるのじゃないでしょうね。フジ系では長澤まさみと上野樹里共演という贅沢な配役の「ラスト・フレンズ」も、浅野妙子脚本だけに観てみたい気がします。脚本家に注目という点では、橋部敦子の「Around40」というTBSドラマも面白いかもしれません。題名のアラウンド40というのは、40歳前後の女性という意味だそうで、天海祐希や大塚寧々、松下由樹らが頑張るそうです。でも、このところテレビドラマは、映画界とは反対に海外モノが国産を蹴散らす勢いで、春のドラマもベテラン映画女優グレン・クローズ主演のBS「ダメージ」あたりが最も面白いのかも。

  花重く垂れていよいよ雨やまず      大波

|

« 「ちりとてちん」最終回 | トップページ | 四月の思い出 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

日テレの「おせん」、これは「モーニング」に連載されていて、今は「イブニング」に連載されているきくち正太の傑作料理漫画「おせん」のことだと思われます。モーニングKCから九巻出ていますが、わたくしの愛読書で、この老舗花茶屋「一升庵」の女将半田仙こと、おせんの気風のよさと、また料理が凄い。「美味しんぼ」なんぞ目じゃない料理蘊蓄漫画の傑作です。「深夜食堂」という漫画も粋なんですけどね。しかし、「おせん」ほんまに映像化できるのか、興味津々♪

投稿: 猫髭 | 2008年4月 1日 (火) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ちりとてちん」最終回 | トップページ | 四月の思い出 »