« 2008年3月29日 (土) | トップページ | 2008年3月31日 (月) »

「ちりとてちん」最終回

朝ドラ「ちりとてちん」が、とうとう終わってしまいました。わぁ~(号泣)、来週月曜の朝からは西田敏行の顔を見なくちゃならないよぉ~(笑)。主役の榮倉奈々は、いつも元気いっぱいだから好きだけどね。「ちりとて」のラスト、ヒロインが専業落語家(そんな言葉あるかな?)の道を超えて上方落語の「おかあちゃん」をめざすという展開には、賛否両論あるところだと思いますが、私は良しとしたいですね。落語も若狭塗箸も、「人から人へ伝えていく」のが何より大事なことだという脚本家の姿勢が、最後まで貫かれていたと思うからです。最終回で映画「アメリカングラフィティ」風に、登場人物一人一人のその後の人生を語ったのは、とてもよかったです。やっぱり驚いたのは天然クールぼけの四草に突然子どもができちゃったことですね。大ブレークした加藤虎ノ介くんの今後の活躍を祈ります。出産後のヒロイン、貫地谷しほりの微笑のアップのエンディングには感動しました。この「ちりとてちん」が、前回の朝ドラ「どんど晴れ」に視聴率で及ばなかったというのは信じられない話ですが、私のように関西に馴染んだ人間でないとやや取りつき難いドラマだったのかも知れません。とにかく半年間たっぷり楽しませてもらい、上方落語への理解も深めさせてもらいました。ありがとう、ちりとてちん!

  鶯の声はたと止む朝桜        大波

| | コメント (1)

« 2008年3月29日 (土) | トップページ | 2008年3月31日 (月) »