« 2008年3月20日 (木) | トップページ | 2008年3月22日 (土) »

彼岸のお中日

雨はざんざん降るし風はびゅうびゅう吹くし、飛んでもなく荒れたお中日でしたね。私は最も丈夫そうな傘を持って外出したのですが、こいつがあえなくオチョコになって骨がポキン、見かけよりずっと繊細な傘だったのでした。まず銀座の画廊へ、その後の七菜ちゃんの展覧会の様子を見に行ったのですが、あの六畳一間ほどの可愛らしいギャラリーは、お客様で満員スシ詰めの状態。みんな一緒に絵を勉強しているお友達などらしく、ギャラリーの底抜けに賑やかで陽気なこと~(ちりとて風)。来客名簿を見ると、私の知り合いも含めて結構大勢いらっしゃって、絵も何点か売れており、とりあえずはホッといたしました。早々に画廊を失礼して、妻の墓参りに急行。夕暮れ近く、お墓には新しい塔婆も立てて、ねんごろにお彼岸の供養をしましたが、風が強くてお線香になかなか火がつかず往生しました。七菜ちゃんの画廊でお会いした方の話によりますと、きょうのお中日、先ごろ急逝された昔の俳句仲間・冨山いづこさん=私の第一句集の出版記念会でさんざんお世話になった人ですが=彼女のお墓に大勢の句友が墓参りに行かれたそうです。お墓の場所は別の方に教えていただいたので、近々出来るだけ早い機会に、私もお参りに行きたいと思っています。なんとなく忙しかったお中日でした。

  ライラック揺れどほしなるお中日      大波

| | コメント (0)

« 2008年3月20日 (木) | トップページ | 2008年3月22日 (土) »