« 2008年3月15日 (土) | トップページ | 2008年3月17日 (月) »

谷保の春本番

急に春の本陽気となったところで、谷保天満宮を出発点とするいつもの吟行です。編集作業でアタマが煮詰まっている時ですから、ちょうどいいガス抜きですね。天神さまの梅林はさすがに盛りを過ぎて、紅白の梅の花びらが一面に散り敷かれていました。天神様の裏手に出ると、椿がぼたぼたと落ちていて、辛夷の花がひらき、サンシュユ、ミモザ、黄水仙などの黄色い春の花が咲き競い、いぬふぐりやナズナ、姫踊子草も絨毯のように広がっていました。小さな小さな土筆の穂も出ていましたよ。いやあ、まっこと春ですばい! 頭がボ~~ッとして俳句に集中できんですばい。遠くからウグイスの初音。鴉がカアカア、犬がワンワン。なんだかサウンド的にも春らしくなってきたような。俳人のみなさま、ようやくあなたの季節がやってきました! ぐぁんばってちょ!

  この川や泥鰌もゐれば蜷もゐる       大波

| | コメント (0)

« 2008年3月15日 (土) | トップページ | 2008年3月17日 (月) »