« 2008年3月 7日 (金) | トップページ | 2008年3月 9日 (日) »

はてなの茶碗

朝ドラ「ちりとてちん」劇中に登場する上方落語の数々を紹介する番組の「ちりとてちん落語」、本日は大御所・桂米朝が高座に上って、小草若が四草にけなされながらマスターしようと四苦八苦している「はてなの茶碗」を見事に語ってくれました。いやあ、これはほんまにおもろい噺でしたなぁ。何の疵もないのにお湯が洩れてしまう駄茶碗が、「はてな、はてな」と面白がっているうちに、千両の値がつく宝物になってしまう顛末を、米朝師匠が淡々としていながらすっごく面白可笑しく語ってくれて、ついつい引き込まれてしまいました。なるほど、こういう遊び心のある落語は、やっぱり上方のものですね。勉強になりました。さてあすは国分寺吟行の予定がありますので、もう寝ることにします。おやすみなさい。

  穴を出て地虫はてなと迷ひ顔      大波

| | コメント (0)

« 2008年3月 7日 (金) | トップページ | 2008年3月 9日 (日) »