« 2008年2月 7日 (木) | トップページ | 2008年2月 9日 (土) »

私のワースト映画

「ラジー賞」とか言うんでしたっけ? アカデミー賞に対して、ワーストの映画に与えられる賞がありましたね。あれを、自分が観た映画から選びますと、まず「怪談」かなあ、黒木瞳に女の情念演技を望むのは土台ムリ。「東京タワー~オカンとボクと、時々オトン」、いくらオダギリジョーでもなぁ、おセンチ過ぎるぜ。「眉山」、これも母モノで、もうもう沢山です。「そのときは彼によろしく」、難病モノもここまでくると、笑うほかはありません。「舞妓Haaaan!!!」、笑えませんでした。「憑神」、森迫永依ちゃんの死神がかわいかっただけ。「図鑑に載っていない虫」、三木聡監督の暴走。「どろろ」、妖怪に品格がない! 「HERO」「アンフェア」は、ともに、あまりに映画をナメてはいないか。  このほか、ちょっといいな、と思った映画を列記しますと、「黄色い涙」「歌謡曲だよ人生は」「蟲師」「松ヶ根乱射事件」「クワイエットルームにようこそ」「ユメ十夜」、といったところでしょうか。

  門柱の蔭の水仙春寒く      大波

| | コメント (0)

« 2008年2月 7日 (木) | トップページ | 2008年2月 9日 (土) »