« 高倉健とジャズ | トップページ | 椿三十郎を観ない記 »

初春 浅草吟行

きょうの浅草吟行が、私にとって今年初めての吟行でした。ぶっちゃけ告白しますと、家に戻ってからドサリと炬燵に倒れこんだまま、しばらくは全然動けませんでした。よっぽど、疲れきっていたんですね。でも吟行と句会の間は、疲れなんかちっとも感じることなく、どう言ったらいいかなぁ、幸福で幸福で笑い死にしそうだったんですよ。私はきっと、俳句…特に吟行が死ぬほど好きなんですよね。句会で回ってくる清記用紙を読むと、いい句はもちろん、あ、この句はもうちょっとどうにかするとグンとよくなるのになぁ…と思った句も、みんな愛してしまうんです。きょうは新年句会だったので、それぞれの特選にはご褒美=いわゆる景物を差し上げる趣向でした。地図波ちゃん(仮名)が最も多く景物を集め、賞品女王に輝きました。男性では振るちゃん(仮名)が結構景物の山を築いていました。私も姉藻根(仮名)さんから、くさやの干物をいただきました。チョー嬉しいなぁ。

  招き猫濡れつぱなしや寒の雨       大波

|

« 高倉健とジャズ | トップページ | 椿三十郎を観ない記 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

大波さん今晩は!

初句会お疲れさまでした。非常に楽しい句会でした。
大寒のおたぬきさまのふぐりかな フル
ふぐりに大寒がよく効いているというこの句の大波さんのコメントに妙に納得しました。
来週は文のお別れ会です。大波さんにお目にかかるのを楽しみにしております。

投稿: クーベルタンM吉 | 2008年1月13日 (日) 03時04分

大波さんの元気な姿が見られて、歯無しの猫髭も喜び一入でした。句会もヴァラエティに富み楽しかったです。

「大」の新年号はT華さんの命を削るような凄まじい五句に圧倒されました。黒々としたユーモアまであり、ここまで客観的におのれを突き放して詠めるのかと唖然とする圧巻の闘病句です。

投稿: 猫髭 | 2008年1月13日 (日) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高倉健とジャズ | トップページ | 椿三十郎を観ない記 »