« 2008年1月24日 (木) | トップページ | 2008年1月26日 (土) »

1月テレビドラマ点検

今月スタートのテレビドラマは、だいたい出揃ったようで、新聞のテレビ担当記者などのあれがいい、これがいいというやや焦点のズレた下馬評も盛んでございます。私も焦点が偏り気味なんですけれど、テレビ番組なんて要するに好き嫌いですからねえ(笑)、あまり気にしないでお読みくださいまし。…新聞の番組紹介などでは圧倒的に好評なのが「薔薇のない花屋」「あしたの喜多善男」「鹿男あおによし」といったところのようですが、私はいずれもおハナシの凝りすぎ・作りすぎの感じがして、素直に楽しむことができません。「佐々木夫妻の仁義なき戦い」も小雪のキャラが面白いけれど、毎週連続で観るにはちょとしんどいねえ…。「1ポンドの福音」は、私、原作マンガの熱狂的ファンだっただけに不満だらけなんですが、食欲旺盛ボクサーの亀梨和也はまあまあの健闘と言っておきましょう。「だいすき」の香里奈の知的障害のある母親役はすごい熱演だと思います。「僕の生きる道」で共演した草なぎ剛くんの障害者演技をよく学んだのかもね。「ハチミツとクローバー」、成海璃子と成宮寛貴に、映画版の蒼井優と伊勢谷友介のカリスマ性が全くないので、観ているのが辛いなあ。「鞍馬天狗」の野村萬斎は、陰陽師にしか見えません。結局私が最も魅かれたのは、「交渉人」の米倉涼子の荒涼とした表情なのでした。お粗末。

  北風の吹きやむときの鵯鋭声      大波

| | コメント (1)

« 2008年1月24日 (木) | トップページ | 2008年1月26日 (土) »