« 2008年1月14日 (月) | トップページ | 2008年1月16日 (水) »

「文」終刊号

私の手元にも、きょう「文」終刊号がとどきました。表紙・裏表紙をのぞいて、全54ページ。「文」と文代さんへの思いをたっぷり1ページずつのスペースで綴った句友たちの文章は、みな熱くて、深い、と思いました。そして、冒頭の文代さんのご挨拶、こののちも「精いっぱい生きてまいりたい」という言葉に、そやそや、うちもこれから精いっぱい頑張りまっせ、と心に誓いました。「文」終刊号の最後のページに、ひさびさに描いた文代さんの似顔絵を載せていただいたのが、私の最高の栄誉です。下手な絵で、済みませんでしたけれど…。文代さんはさることながら、36巻の「文」を心をこめて編集してこられた享さん、早苗さん、瑞江さん、桂さん、薹子さん、そして泉下の夏紀さんへ、長い間ほんとうにありがとうございました。

  終刊を惜しみつつ置く冬の菊        大波

| | コメント (0)

« 2008年1月14日 (月) | トップページ | 2008年1月16日 (水) »