« 俳句年鑑 | トップページ | 古希原宿吟行 »

古来稀なる俳痴です

みなさんから古希70歳の誕生を祝うメッセージをいただきまして、まことに有り難うございました。メッセージは、お返しとか気を遣わなくて済むから、気が楽です(笑)。ところが本日正午ごろ佐川急便が届きまして、開いてみたら定年前の勤め先の同窓会みたいな組織からのお祝いの品でした。これが、なんと、鎖つきの懐中時計! やっぱりあの日本包装協会という組織は、マジ体質が古いねえ! 時計だったら、ディズニー・ウォッチかスヌーピー時計のほうが嬉しいのにさ(キティちゃんはカンベンしてくださいね)。よく現代人の年齢は、戦前の人の70%ぐらいしか進行していないというじゃないですか。とすると七ガケで、70歳なんて、昔の人の49歳ぐらいでっせ。おや、もう誕生日の一日も、日付が変わろうとしている。よ~しあしたからは折り返して、どんどん若返ってやるぞ!

  古希祝ふでもなく庭の木守柿        大波

|

« 俳句年鑑 | トップページ | 古希原宿吟行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俳句年鑑 | トップページ | 古希原宿吟行 »