« 2007年12月21日 (金) | トップページ | 2007年12月23日 (日) »

クラシック人間、ジャズ人間

私はクラシックとジャズが同じぐらい好きなのですが、双方をバランスよく聴くというのではなくて、ある時期にはクラシックばかり聴き、それがある時ジャズを聴きだすとしばらくの間はジャズばかりという我ながら不思議な偏り方をしているんです。この、クラシック人間からジャズ人間に交代する周期というものは、いったい何に基づくのでしょうか。月の満ち欠けか(狼男みたいじゃん)、潮の干満か(バカ貝か、おれは)、自分でもよく分かりません。ほんの一週間ほど前から、私はジャズ人間になっておりまして、ブンブンブン、ブンチャカチャと調子のええジャズに現を抜かしておりまする。古希を迎えて聴くジャズには渋茶のような味わいがあるのでございますよ(笑)。今聴いているのは、テナーサックスのスタン・ゲッツとピアノのチック・コリアの「スイート・レイン」というアルバム。ゲッツのサックスには、そこはかとなく色気があって、まるで回春剤のような演奏(笑)。明日は冬至ですねえ。柚子湯にはいって元気になって、もっとジャズを聴こうっと。あ、それより年賀状をなんとかしなけりゃ(冷汗)。

  ブログなる句日記もはや果てんとす      大波

| | コメント (1)

« 2007年12月21日 (金) | トップページ | 2007年12月23日 (日) »