« 続・ちりとてちん | トップページ | 似顔絵を描こう »

角川「俳句」12月号

手前ミソのようでちょっと気後れするのですが、角川の「俳句」12月号、248ページに小生の七句と短文が写真つきで掲載されています。なんと隣のページには、「文」の句友、市川薹子さんの七句が載っており、見開きで美男美女の写真が並ぶという角川さんの快挙です。薹子さんの写真は、私にそっぽを向いていますけれど…(笑)。私の七句は、九月末に秩父へ吟行したときの産物ですが、あの頃は秋とは言いながら暑かったのに、今はいきなり冬ですものねえ。石油ストーブを押入れから出すか、原油高だから12月まで我慢しようかなんて悩んでいるところです。「俳句」12月号は、特集が「文語文法基礎の基礎」ということで、文法にはヨワい私のようなナンチャッテ俳人には大いに役立ちそう。書店に並ぶのは25日頃かな? ハナシは違いますが、「広辞苑」第6版が1月に出ますけれど、買おうかどうしようか、電子辞書にセットされるまで待とうか、これまた迷っちゃいますね。我が家に常備している「広辞苑」は古本で安く買った第4版なので、この際やっぱり買っておこうかな。いやいや、安くなる第5版をまた古本で買う手もあるな(笑)。

  古井戸の釣瓶の先に冬日の矢      大波

|

« 続・ちりとてちん | トップページ | 似顔絵を描こう »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・ちりとてちん | トップページ | 似顔絵を描こう »