« 2007年11月18日 (日) | トップページ | 2007年11月20日 (火) »

ちりとてちん

前の朝ドラ「どんど晴れ」(だっけ?)は殆ど観なかったのに、今放送中の「ちりとてちん」は毎朝欠かさず観ています。前にも書いたような気がしますが、「どんど晴れ」のヒロインが優等生のいい子ちゃんだったのに、「ちりとてちん」の喜代美が何をやってもドジ子の劣等生という設定に大いに共感したのが第一の理由。第二の理由としては、私はかなりの落語ファンを自認していましたが、このドラマの舞台の上方落語については何も知らず、観ていてとても興味をおぼえること。第三に、喜代美の故郷の福井県小浜はかつての吟行地で(雪深い真冬でしたが…)、いい句がいくつか出来たせいで忘れられない土地であったこと。第四にヒロインの喜代美役の貫地谷しほりは、映画「スイングガールズ」でトランペットを吹く恋多き女子高生を演じて以来のファンであり、何かにびっくりした時の目ん玉をひろげた表情がとってもかわゆいこと、等々です。先週、落語を放棄していた徒然亭草若師匠(渡瀬恒彦)が高座に復活したシーンでは、思わずジーンときてしまいましたが、多分この後は喜代美が女性落語家を志して悪戦苦闘する段取りになると思います。和久井映見のはじけたお母さんとともに、貫地谷しほりこれからも頑張れよ!

  噺家の一門会へどてら着て        大波

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年11月18日 (日) | トップページ | 2007年11月20日 (火) »